--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 04. 30  
今日は朝からしとしと雨。
プラグの水管理もほとんどしなくていいし、
のんびり午前を過ごしてます。
でも夜の蝶のやっちゃんは、今日は3時半にはお仕事に出発。
今気づいた。世間は大型連休なのね、、、。

仕事は4時半からあくる日の9時まで。
(実際には5時からだけど、その前に申し送りがある。)
通勤に1時間程度かかるので、いつも大体このぐらいに家を出る。

およそ17時間ぐらいぶっ通しで勤務するワケなんだけど、
仮眠が取れるのはせいぜい30~50分も取れればいい方かな、、、。
日によって全然取れない時も多々ある。
朝の一番忙しい時間帯は正直言って頭がクラクラしてる。

こういう過酷な勤務なんで、
ほんとは月に6日以内程度にしとかないといけないらしいんだけど、
ずっと月8日やってる。
これがなんとか限度かな、、、。

今の介護事業所に勤めた時、
全くこの仕事の経験がなかったので、
最初に面接に行った事業所では、

全然経験ないのにいきなり夜勤は絶対無理。」

だとことわられた。
今思えば当然だった。

2件目に面接に行ったのが今の所。
この世界のことを何にも知らず、
なんにもわからず、何にもできなかった私を、
よく今日まで辛抱強く教えて下さった、
夜勤スタッフ先輩方にはもうホントに大感謝

ウチは昼勤スタッフと夜勤専門スタッフに分かれてる。
だけど昼勤の人は当時の人は誰も残ってない。
どんどん辞めていって、今も入れ替わりが激しい。

何故か夜勤者だけはほぼ全員残ってる。
やっちゃんもしぶとく残ってる。

実は過去2回、

もう耐えられない。辞めよう。」

と思ったことがあった。
都度先輩たちに引き止めてもらった。

留まってほんとに良かった、と思う。
あのまま辞めていたら、
結局を乗り越えられずに終わってしまったと思う。
この仕事からも離れてしまったかもしれない。

今日までとにかくがむしゃらにやってきたけど、、、。

最近ようやく強いやりがいを感じるようになってきた。
それは過去経験してきた仕事とは全く違う種類で、もっと強い
まだうまく表現できない。

そろそろもっと具体的な、明確な目標を持って
この仕事をやっていかなきゃな、と最近考える。

それが一体何なのか、、、?
まだ具体的につかめていないんだけど、、、。







スポンサーサイト
2015. 04. 27  
ここんとこ良いお天気が続いてて、
長いこと雨続きで全然できなかったけど、
畑仕事できるのがホントにうれしい。

夏野菜を色々植えました。
去年は大阪から引き揚げて来たのが夏だったので、
やっぱり全然落ち着かず、
夏のお野菜はなんにもできずじまいだったので今回が初めて。
ホームセンターで苗を購入。


スイカ、ナス、きゅうり、トマト、ピーマン
010_convert_20150426220136.jpg

011_convert_20150426220609.jpg

012_convert_20150426221026.jpg

013_convert_20150427013212.jpg

014_convert_20150427013848.jpg


いちご少~し実がふくらんできた。
うれしい~。

020_convert_20150427020256.jpg



先日植えた小松菜たちは、
かっちゃん従兄に虫よけネットをたくさん貰ったので、
ガバ~っとネットかけました。

去年最初に植えた葉物もキャベツも、
すごい虫にやられた。
なんか蝶ちょが一杯飛んでるな~って思ってたら、
キャベツ、葉っぱの軸しか残ってないんだもん。
ネットかけたらなんとか大丈夫だった。

左手前はダイコン直播きしました。


015_convert_20150427014307.jpg


ネット越しの葉物たち。
まだまだ小さいけど、こっから大きくなるの早いんだよね。
オブジェになるの、アっという間だもん。


019_convert_20150427015849.jpg

018_convert_20150427015250.jpg

017_convert_20150427014816.jpg



花苗も全部植え終えて、
簡易ハウスがようやくからっぼになったので、
今年2回目の種まき色々しました。

前回とほとんど同じ葉物に追加でキャベツ、ニンジン。
初めてピーマン、ナス、赤かぶも蒔いてみた。


004_convert_20150426213031.jpg



花タネも。
ブルーサルビア、ニチニチソウ、ケイトウ。

005_convert_20150426213531.jpg
足を写すな~っ。



簡易ハウスはかっちゃんが、
これではあまりにも見た目が悪いんちゃうか?」
って言うんで、
横木をちゃんとツラをそろえて鋸でカット。
ビス打ちもしました。


002_convert_20150427042245.jpg


今までは縁の下から引きずり出してきた木を
テキトーに置いてただけ。
別にこれでちゃんと育ってたんだけどな、、、。


010_convert_20150407103348.jpg



下はやっちゃんの種まきセット
かっちゃんの亡くなったお兄さんが釣りが趣味で、
倉庫にこのケースがあったので使わせてもらってる。


007_convert_20150426214351.jpg


中に種まきの時に使う耳かき、小皿、名札、マジックなどと、
オルトラン水和剤、ペンレート、マラトン乳剤、
挿し木に使うルートンなどのお薬を入れてる。


008_convert_20150426215339.jpg



下はかっちゃん父が昔使ってた噴霧器
4リットル入るからすごく重宝してる。
木にお薬散布する時にこれで散布する。
種まきした後、良~く洗って同じくこれでしっかりスプレーする。


009_convert_20150426215719.jpg



鉢に植えたペチュニア。
この鉢、実は倉庫にあった昔なつかしい練炭火鉢
縁をグラインダでカットして、底に穴を開けて、
残りもんのペンキでペイント。
りっぱな大鉢になった。
むちゃくちゃ重たい、、、。


006_convert_20150426213940.jpg

畑に植えたペチュニア。

021_convert_20150427020746.jpg


金魚草が少~しずつ開花。
これは少し背が高いやつ。

022_convert_20150427022133.jpg


こっちは低いの。
ちゃんと咲くのかな?

023_convert_20150427022636.jpg



冬の間完全に葉を落としてた柿の木が青々としてきた。
初夏の陽気で木々は、
ほんとにが目に痛いほどあざやかで濃い。


かっちゃん花が終わった久留米つつじを剪定中。
これをしないと来年花つきが悪いんだって。
026_convert_20150427023238.jpg








2015. 04. 22  
4月に入ってほとんどず~っと雨で、
日照が悪すぎて、
しかも吹き降りの豪雨の時にたたきつけるような
雹(ひょう)まで降ってくるという、
もうあり得ない天候で、
畑の花たちにはほんとにつらい日々でした。

全国の専業農家さんはこの春、
ほんとに大変な思いをされたと思う。
自然が相手とはいえ、なんとむずかしい仕事だなあ、
と改めて実感する。

でも、ようやくおとつい~昨日あたりから、
お日さまが顔を出してきてくれました。

去年秋に種まきした時よりも
随分日にちがかかってしまったけど、
昨日やっと十分根が回った野菜苗たちを、
畑に植えました。
(黒いフィルムのマルチはめんどくさいからパス。)


小松菜
007_convert_20150422144241.jpg

水菜
001_convert_20150422140518.jpg

小かぶ
002_convert_20150422141838.jpg

菊菜
003_convert_20150422142604.jpg

チンゲンサイ
004_convert_20150422142950.jpg



小松菜は去年3列に植えてものすご~く収穫しにくかったんで、
かなり余裕もたせて植えてみた。

002_convert_20150423190719.jpg

003_convert_20150423190951.jpg

005_convert_20150423191314.jpg

004_convert_20150423191152.jpg

007_convert_20150423193334.jpg


いちご
植える時にすでに赤くなってた小さな実
全部食べちゃった。
稲わらは去年秋にお米刈りいれした時のを
かっちゃん従兄に分けてもらったヤツ。

001_convert_20150423190515.jpg


これはジャガイモ
植えたのが遅かったので心配したけど、
だいぶ育ってきました。良かった。

006_convert_20150423192811.jpg



「やっちゃんのいきいき花苗育苗日記71」
 更新しました。
 今日のお花畑の様子、撮影しました。









2015. 04. 22  
九州電力川内原発1、2号機(薩摩川内市)の
地震対策は不十分だとして、
周辺住民らが再稼働の差し止めを求めた仮処分申し立てで、
鹿児島地裁は22日午前10時、請求を退ける決定をした。
<川内原発>再稼働差し止め認めず…鹿児島地裁決定


これで九州電力は今年7月の再稼働へ向けて、
予定通り進めていくものと考えられる。
福井地裁の決定とは明暗が分かれた。

避難経路の整備など全く整っていないにも関わらず、
この差し止め却下。
司法なんてやっぱりいいかげんなもんよね。
さぞかし九電と天下りとか複雑かつ密接に繋がってるんだろな。

特に周辺近隣自治体
例えばついこないだ行ってきた隣接した出水市など、
30キロ圏内の道路整備などまだ全~然、という状態だった。
389篤姫ロケ地出水麓武家屋敷群
390映画「日本と原発」全国上映

いや、
それ以前に隣接自治体の整備や避難先の確保など、
本気でやる気があるのかどうか、それすらあやしい現状だと
あの日、出水市住人の人が言ってた。

原発直近はそりゃあ国も県も力入れて、
金、モノ、ヒトつぎ込んで急ピッチでやるだろう。
もう、直近だけ。

だけど万一の事故が起きた時に
放射性物質が飛散するのは直近だけでは到底すまない。
それが原発過酷事故の恐ろしさだ。

岩盤が動かないフィンランドなどとは全く違う。
揺れ動く日本列島に建てられた原発に、
絶対安全などありはしない。

たった10数年の間に阪神淡路と東日本大震災。
2つもの巨大災害直後のあの惨状を、
ことごとく破壊しつくす自然の破壊力の凄まじさを、
現地で目の当たりにした今となっては、
基準地震動がどうの、新規制基準がどうのと言われても、
そんなもんはしょせん机上の論理だと思えてくる。

それは鹿児島へ来て、
桜島の大噴火を眼前に見て、尚更強く感じる。
数千メートル上空まで噴煙と噴石が噴きあがる驚異の前に、
人間はただひれ伏すしかない。

そのもしものことが起きた時、
鹿児島は市内どころか
1部大隅半島を除き、
薩摩半島全域が影響する。

風向きがまともに南東方向に流れるであろうことは、
鹿児島県人ならば皆よく知ってる。
桜島上空の風向きを毎日チェックしてるからね。
福一原発の時のように海側へは1年の大半流れない。

50キロしかない鹿児島市内数十万の住人は逃げる場所もない。
ましてや南薩摩地域住人は海に飛び込むしか行き場がない。
346津波、原発、てんでんこ




20111224181738ad7_convert_20130312002619.png


上の地図を見てもらえれば一目瞭然だろう。
鹿児島で原発動かすことの愚かしさを。
地熱も太陽光も水源も豊富に恵まれたこの地で。

円の中心が川内原発






2015. 04. 18  
前回にひき続き、もう一度西郷さんのことを
書こうと思う。

やっちゃんは3年前、
かっちゃん母の介護をするために
鹿児島に残ろう、と決意した時に、

「郷に入っては郷に従え。
誰よりも鹿児島人らしい鹿児島人になっちゃる。」

とけなげにも考えた。
(甘かった。)

かっちゃん母の鹿児島弁を1人ひそかに練習して、
少しでもしゃべれるようにと努力したんだけど、
もう3年以上になるというのに結局大阪弁が全く抜けない。

「大阪のおばちゃんが他県の言葉でしゃべるのは、
犬にニャアと泣かすよりもしかして不可能か?」

、、、と最近ではもう、
ちょっとあきらめ気分になってる。

それでももっと鹿児島のことを知ろう、勉強しよう、
という気持ちは強かったので、、、。

鹿児島といえば西郷隆盛
西郷隆盛といえば鹿児島。

ウチのかっちゃんがモロそういう人だった。
この傾向は都会に出た鹿児島県人会の人たちに
特に強い、と感じる。

かっちゃん手持ちの本を色々読んでみた。

彼はほとんど小説などの文芸書は読まない。
真剣に熟読するのは施工要領書、のみ。

唯一例外は郷土史と薩摩歴史書で、
特に西郷さん関連の本は何冊も読んでる。

幕末の話は大好きなんで、
今までもそれなりにあれこれ読んでたんだけど、
どちらかといえば坂本龍馬とか土方歳三フアンだったやっちゃん。
西郷さんのことはあんまり知らないことが多かった。

一番の謎は、
何故かっちゃんら鹿児島県人
今もって西郷さんを深く敬愛するのか?
という一点。

それをひも解く最大の資料はやはり

南洲翁遺訓

だろう。

これは、
戊辰戦争における敗軍の将である庄内藩・酒井忠篤への
西郷の丁重な接し方に感動したという、
酒井忠篤以下庄内藩士10数名が、
わざわざ鹿児島を訪れ、しばしば西郷の教えを乞い、
それを収録して著わしたものであるらしい。

命もいらず名もいらず、官位も金も要らぬ人は
始末に困るものなり。
この始末に困る人ならでは、
艱難を共にして国家の大業はなし得られぬなり
。」

これはその中の有名な一節。
坂本竜馬は初めて西郷と会った直後、

西郷という奴、わからぬ奴だ。
小さく叩けば小さく響き、大きく叩けば大きく響く。
もし馬鹿なら大きな馬鹿で、利口なら大きな利口だろう
。」

勝海舟の紹介で西郷に会った坂本竜馬は
このように感想を漏らしている。
これに対して勝は、

「坂本もなかなか鑑識のある奴だ。」

と坂本の人を見る目の確かさをほめている。
さらに江戸城無血開城に貢献した勝海舟によれば、
坂本竜馬が西郷に及ぶことができないのは

その大胆識と大誠意

であるとしている。

勝と西郷が国運を賭けて相対したのは明治元年3月。
場所は薩摩屋敷。
二人だけの直談判で江戸城の無血開城が決まった。
これによって江戸の町は戦火を免れた。

勝海舟の氷川清話によれば、
西郷は勝の江戸城明渡し、
新政府軍の進撃中止などの申し出を、
何も条件を付けずに飲んだ。

いろいろむつかしい議論もありましょうが、
私が一身にかけてお引き受けいたします
。」

勝は西郷の大胆識と大誠意に驚愕する。

血気にはやる新政府軍が江戸を目指して進軍中で、
一方幕府側は優勢な海軍力で新政府軍を粉砕しようと
意気込んでる状況だった。

そんな殺気立った現況の中で、
相手の言うことをそのまま信じる
しかも西郷はその言葉通り
新政府軍を一つにまとめてしまう。

もう一つ勝を感嘆させたのは西郷の態度だった。

西郷が俺に対して、
幕府の重臣たるだけのを失わず、
談判の時にも、
始終座を正して手を膝の上に載せ、
少しも戦勝の威光でもって、
敗軍の将を軽蔑するというような風が見えなかった
。」

と記している。


西郷さんは若い頃に肘を重篤に負傷しており、
身体は巨大だけれど、
けして腕っぷしの強い人ではなかった。
坂本龍馬のような剣客でもなかった。
陸軍大将であったけれど、
大村益次郎や高杉晋作がごとく、卓抜した軍事的才能が
ある人でもなかった。


薩摩には郷中制度という薩摩藩独特の
いわば青少年団的な組織が地域ごとに存在した。

部屋住みの藩士の子弟は皆これに入り、
年長者が年少者の剣術、学問などの教育にあたる、
郷中教育というものが行われた。

年少者は教えられたことを自分が年長になると、
さらに下の者たちに指導する。

西郷は若くしてこの郷中頭を務め続け、
普通18才で退くところを廻りから引き止められて、
郷中頭を24才まで務めた。

さらに薩摩には、
オセンシ、というものが存在した。

オセンシとはお上が決める役職ではなく、
郷の人々がおのずと推奨する存在で、
薩摩の郷中で発酵するように出来上がってゆく、
リーダー的存在らしいが、
そのオセンシの権限と命令は絶対、であったらしい。

義を言うな。」

という言葉は今でも存在するが、

オセンシに逆らうな。」

と言われた。
城下の各小地域に伝統的に存在した、
多くのオセンシたちの
頂点に立つ大オセンシが、
西郷隆盛であったといえる。

やっちゃんは西郷という人物に
きわめて郷土的な存在感を感じる。
そういう側面も今なお敬愛される一因なのかもしれない。

人々が自然発生的自発的に上に措く存在。
弟、西郷従道が言うように、
人は彼に接すると否がおうなく、
西郷という存在に惹かれ、仰ぎ、後に従ってしまう。

西郷が下野したとき、
新政府軍の薩摩系近衛士官たちは、
ほとんど彼の後を追って鹿児島に帰ってしまった。

つまり、新政府の重大な軍事力の大半が
薩摩に戻ってしまった。

リーダー的というより、
ある意味、
ボス的存在なのかもしれない。

ならばお山の大将、独裁者であったか、といえば
けしてそうとは思えないほど、
西郷さんの足跡、業績には私欲、というのが
かけらも感じられない。

事実、暮らしや身の回りなど、
質素で粗末な人であったことは誰しもが認めるところ。

第一、口舌の徒ではなく、
現実の大変革を成し遂げた指導者であったこともまた、
史実なんだよね。

う~ん、、、。
書けば書くほど不思議な魅力に満ちた人物、
だと思えてきた。

これは大久保利通も同様で、
彼の暗殺後調べたところ、
彼が自腹新政府に立て替えた金額は莫大で、
多額の借金が残ってたらしい。

そういえば現代のリーダー論に、
つまり人の上に立つ人の要素として、
知識やスキルの方ばかりが重要視されていて、
人としての気高さや清廉さがほとんど
重要視されてない気がする。

前記事と繰り返しになるけど、
何度でも言いたいけど、

利権まみれの政治家たち、
耳の穴かっぽじって、
あんたらに良~く聞かせてやりたい。







かっちゃんやっちゃん デコボココンビです。 
IMG_1646_convert_20120204090505.jpg       おこしやす ごてヤスやっちゃんどす。
年季入りの歴史戦国大好き歴女です。
これ、ただのコスプレです。         本職の芸姑さんじゃありませんもちろん(笑)。         当ブログはリンクフリーです。
転載等もご自由に。コメントも大歓迎です。
当ブログでは相互リンク下さるサイトオーナー様を募集しております。 お申し込みはコメントでいただければ幸いです。 お待ちしてま~す。

ここをクリックして頂くと鹿児島の武者行列
薩摩川内(さつませんだい)はんや祭り写真集
にとびます。


花の種まき育苗ブログ
タネまきからの花の育苗園芸ブログです
こちらにもお立寄り下さったらうれしいです♡
2015年春お花畑の様子などアップしています。 写真をクリックください
プロフィール
2_convert_20150509053231.jpg Authorやっちゃん なぜか10人いれば10人           「 奥さんB型だよね? 」といわれるO型です。
頭に血が昇るとついガラガラヘビ状態に
なってしまいます。
更年期と戦う日々を送ってます。
介護事業所にてバイトしてマス。
大阪で建築業を営んでいましたが      かっちゃん実家鹿児島母要介護リハビリ
のため大阪から鹿児島に移り住みました。
やっちゃんO型       かっちゃんA型
あだ名 ごてヤス     自称 南海の黒豹

出身京都 現在鹿児島 出身鹿児島45年ぶりに
趣味 花づくり 読書   大阪より帰鹿

かっちゃん座右の銘 命惜しむな名こそ惜しめ
かっちゃんの尊敬する人 西郷隆盛
好きな人   西郷隆盛
好きなこと  西郷隆盛の本を読むこと。

全記事表示リンク
カテゴリ
リンク
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム
ご質問、お問い合わせはこちらからどうぞ ♡

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。